スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーリィのつくりかた

splan.jpg
かなりカオス



みなさまおはようございます。
まっくすです。

公開からしばらくたってしまいましたが、新作「ダーリィ」について。
動画はココにあります
ちょっと解説しておきたいと思います。
主に作ってみての感想です。

かなり自己満足なおはなしですので続きは以下から。




今作のこだわりは、とにかく使えるものはどんどん使うこと。
手書きから3DCG、FlashのモーションにActionScript3.0による自動アニメ(冒頭のゲームのところ)AEの3Dレイヤー
ほぼすべてが実験であり、練習でした。


基本的な流れは
1)手書きをスキャン
2)Photoshopで切り抜き
3)Flashでモーションづけ
4)AfterEffectsで時間調整して配置

または
1)連番pngをフォルダごとAfterEffectsで読み込み(これで自動的にコマアニメになります)
2)時間調整して配置

または
1)Flashで素材作成
2)AfterEffectsで時間調整して配置
という感じです。


ここで特筆すべきは、最終的なモーションやエフェクトはAfterEffectsでつけるとしても
キャラクタの細かいモーションの多くにFlashを使用しているという点です。
例えば(容量・動作ともに重いので注意)


これとか:baba_y_attack_prev.swf
これとか:baba_y_dancedance_prev.swf
あとこれとか:stagebreak2.swf
これとか:dotman.swf
おまけ:[X]wall(dotman)タイムライン画像


まあ一言で言えば楽だからです。
yama_koさんの受け売りを実際にやってみたら本当にそう感じました。
ありがとうございます。


Flashは、あんまり親切じゃないし賢くもないけれど、
手動で容易に加工できる→つまり力技が使いやすいという長所があります。
かなり無茶なモーションでも、画像をビットマップに分解→線で分割→個別にシンボル化でなんとかできたりします。
さらに言えばループ素材の設定が容易だったりもします。


実はこの作品、制作当初は全部Flashでやろうと思っていました。
あまりに処理が重たくてムービープレビューできなくなったのでやめてしまいましたが…
AfterEffectsとFlashでいいところ同士を使い分けるとかなり楽だよ!というおはなしです。


それから、3Dシーンに関してはBlenderというフリーの3DCGソフトを使ってみました。
ただこちらは…何かかけるほど使いこなせることもなく、非常に苦しんだまま終わりを迎えました…
Blenderは独特のインタフェースで、なかなか敷居が高いです。
静止画は楽なんですが、キーフレームの打ち方が慣れないまま。
しょうじん、しょうじんです。


さて、簡単でしたが、今作に関しての解説みたいなものは以上です。
なにか思い出したら書き足すかもしれません。
twitterでも何でもお気軽にリプライください。
一緒に力を磨きましょう。



今作に限らず、主にtwitterを通して様々な方にご協力いただき、本当にありがとうございました。
これからも鍛錬を続け、先輩方のお役に立てるようなレベルに達せるようにがんばります。
AfterEffects、Blender、Flash使いのみなさん、ありがとうございました。



それでは、御覧頂きありがとうございました。
次回作をお楽しみに。

コメント

Secret

No title

お疲れ様です。

次も楽しみにしてますよぉ~

thanks!

ありがたし。
こんなふうに宣言してどんどん自分にプレッシャーをかけるのだ!

ウィッスウィッスがんばるぅ
counter
プロフィール

まっくすかふぃ

【まっくすかふぃ】


フラッシュアニメ屋さんと
ActionScript-erになりたい人。

このへんに棲息しています
ホームページ
pixiv
wonderfl
twitter

pixiv
最新記事
カテゴリ
ゆかいなつながり
・Anfang und ende
・山小屋
・風、終わる世界で。
・ポンコツ
Lブログ
Lページ
・unlimited chaos blog
・ROUX DIARY
・ROUX DIARY
・ただいま考え中。。。
・空冷式の私と水冷式のあなたとアルパカと温暖化
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。